外壁・屋根塗装、防水工事

外壁塗装

  • 外壁塗装は約8年~10年ごとに塗替えるのが最適です。適正なサイクルで塗装を行うことにより、建物の寿命を延ばし、外壁をしっかり保護します。風雨による大切なお住まいが腐食するのを早い段階から防ぎます。 「ヒビがあるけど、まだウチは大丈夫」は本当に危険です。 症状がある場合も外壁の劣化が始まっていますので、一度エスアンドエスにご相談下さい。

    ・外壁にヒビが入っている
    ・触ると手に白い粉が付く
    ・汚れや雨染みがある
  • 外壁塗装は内容や塗料の数が本当に多いんです。「分からない」こと、私たちエスアンドエスに全てお伝え下さい。解決します!それは、お客様の『こまった』を『良かった』に変え、『ありがとう』をいただきたいから。ちょっとした塗り替えもお気楽にご相談下さい。地域密着で小回りが利きますので、嬉しくなるご提案ができます。

    ・数多い塗料の中から厳選してご提案
    ・ちょっとしたこと、分からないことを解決
    ・地域密着なのですぐに駆けつけます

基本となる塗料の種類

塗料
寿命
価格
特徴
アクリル 5~7年 安い 価格が安く、取扱いやすい塗料。新築によく使われます。
ウレタン 8~10年 平均 耐久性が高く、機能・価格の面でバランスが取れており、もっとも一般的な塗料。下地を選びません。
シリコン 10~15年 やや高い 親水性があり、耐久性も高い塗料。戸建住宅の塗替えに最適です。
フッ素 15~20年 高い 耐久性が高く、強靭な塗膜を作る塗料です。価格も最高ランクです。

塗装の色を選ぶ際にはカラーサンプルを使用しますが、カラーサンプルはサイズが小さく、実際に広い場所に塗装した時の色よりも暗く見えてしまいます。広い面積に塗装するとサンプルで見たものより明るく見えるので、実際に少し広い場所に試し塗りをし、ご確認いただいてから、色を決定していただきます。

おすすめ塗料

高親水性塗膜により、雨水で付着した汚れを防ぐジョリパットフレッシュ

外壁塗装は約8年~10年ごとに塗替えるのが最適です。適正なサイクルで塗装を行うことにより、建物の寿命を延ばし、外壁をしっかり保護します。風雨による大切なお住まいが腐食するのを早い段階から防ぎます。 「ヒビがあるけど、まだウチは大丈夫」は本当に危険です。 症状がある場合も外壁の劣化が始まっていますので、一度エスアンドエスにご相談下さい。

詳しくはこちら

常識を超えた最強水性塗料のアレスアクアシリコンACⅡ

エスアンドエスがおすすめしている塗料の一つ。
関西ペイントが開発した水性反応硬化技術に、低汚染性を追加。
水性塗料の常識を超えた溶剤形アクリルシリコン樹脂塗料に匹敵する高い耐久性と高光沢仕上げを実現した最強の水性塗料です。

詳しくはこちら

節電やエコに効果的な塗料・ガイナ

今注目のガイナ。メーカー提携施工店でもあるエスアンドエスへ断然お問い合わせが多いんです。
ガイナとは、年間を通して住まいの不満を解消し、快適な住環境を実現できる新技術の塗料です。

詳しくはこちら

遮熱機能塗料「アドグリーンコート」

エスアンドエスはアドグリーンコート塗料を安く仕入れることができますので、その分お客様にお安く提供できるんです!
省エネの時代だからこそ、遮熱塗料で少しでも真夏時期に快適に過ごしませんか?

詳しくはこちら

屋根塗装

  • 屋根は外壁よりも普段目にすることが少ない場所ですのでなかなか症状が分かりにくいものです。塗料にもよりますが5年~10年ごとで塗替えが必要と言われています。放っておくと、塗料のはがれや反り、トタンの場合であればサビが進行してしまいます。早めの点検を行うことで、雨漏りから大切な家を守ります。エスアンドエスでは無料点検をしておりますので、お気楽にご相談下さい。

    ・屋根の色があせている
    ・屋根の一部に反っている場所がある
    ・トタンがさびている
  • 異常気象による雨風の影響で、屋根の塗り替えが必要なケースが多くなりました。屋根材をはがしてみたら、雨漏りで屋根が腐っていたり、屋根材の劣化によって隙間ができて雨漏りしてしまうケースなど。“屋根塗装”と言っても、その種類はさまざまです。エスアンドエスではしっかり現場調査をおこない、お見積もりと実際の作業に差が生じないよう努めています。屋根材の知識も豊富な私たちに、ぜひ一度ご相談ください。

    ・見積もりと工事のズレがない
    ・現状によりさまざまな屋根工事が可能
    ・直接施工なので中間マージンがない

コロニアル屋根の塗装に必須の「タスペーサー」ご存じですか?

家屋にはコロニアル屋根が多く使用されており、塗り替え時には「タスペーサー」の使用をエスアンドエスはおすすめしております。雨水などは、コロニアルが重なっている隙間から排出されるので、隙間が狭いと流れ出ない場合が多くあります。排出されない雨水はそのまま屋根にとどまり、腐食させたり、最悪の場合穴が開いて大規模な修繕工事が必要になる場合があります。
タスペーサーは屋根の隙間をしっかりと確保し、雨水の排出をします。

詳しくはセイム社のタスペーサーをご覧下さい。

屋根材について

屋根の材料は数多くあります。ここでは代表的な屋根材を紹介します。詳しい内容はエスアンドエスまでお問い合わせ下さい。

スレート屋根

「コロニアル」や「カラーベスト」があり、瓦よりも施工がしやすいことから、多く使用されています。

詳しくはセイム社のタスペーサーをご覧下さい。

瓦屋根

瓦屋根は粘土をプレスして成型しており、劣化しにくく、耐久性が高い屋根材です。

板金屋根

種類はさまざまで、カラーステンレス、カラーアルミ、フッ素鋼鈑、ガルバリウム鋼鈑などの種類があります。

防水工事

  • 漏水被害を防ぐには防水工事が一番です。建物の耐久力が弱くなってしまう原因が雨水の侵入。屋根や外壁、ベランダなどのヒビ割れで水漏れが起きてしまうと即座に劣化に繋がっていきます。 何十年も快適に住んでいきたいなら、防水工事を定期的に行う必要性があります。 5~10年程メンテナンスしていない場合は是非ともご検討ください。

    ・防水層が剥げている
    ・防水層にふくらみがある
    ・5~10年内にメンテナンスしてない
  • 外壁にヒビがあったりしませんか?それって雨水が入り込んでしまう危険性があるんです。ヒビから雨水が入り込まないように、柔軟性のある目地材のことをシーリングといいます。このシーリング工事をすることによって継ぎ目やサッシなどの建具とコンクリートとの隙間を埋めて雨水から建物を守ります。定期的に点検しシーリング箇所の打ち替え・打ち増しをして防水効果を維持する必要性があります。エスアンドエスでは、シーリングの基礎工事だけでも承っておりますので、お気楽にご相談下さい。

    ・壁などにヒビ割れがある
    ・汚れが年々ひどくなっている
    ・屋上やベランダに水溜りができる

防水工事の種類

防水工事と言っても様々です。多くの種類があり迷ってしまいます。何が危険信号なのか分からない場合は、まず診断をして、予算などで判断をおすすめします。下記にご用意した表を参考にして下さい。それぞれの適用箇所を判別することができます。迷ったらまずはエスアンドエスにご相談下さい。無料で診断致します。

種類
特長
施工に適した箇所
耐用年数
(露出断熱仕様)
FRP防水 ・耐久性・耐薬品性が高い
・表面が硬くしなやか
・軽量である
・継ぎ目がなく強度が高い
・歩行性に優れている
・硬化時間が短く工期が短い
・カラーバリエーションが豊富
・ベランダ
・屋上駐車場
・ビル、マンションの屋上
・プール
・浴室
・船舶
約10~13年
ウレタン防水 ・複雑な形状でも馴染みやすい
・既存の防水層上からでも塗布可能
・耐久性が高い
・ベランダ
・ビル、マンションの屋上
・駐車場
・観覧席
・スポーツのできる屋上コート
・学校
約10~13年
アスファルト防水 ・防水層が厚く防水性能が高い
・耐久性が高い
・比較的安価
・ベランダ
・廊下
・ビル、マンションの屋上
約17~25年